カラーの仕事をする方法・ビジネスに役立つ色の使い方

カラーリストが交流会で仕事を増やす方法とは?ビジネスマッチング交流会ニーズマッチ開催!

カラーリストとして活躍する方法

投稿日:2017年8月2日  更新日:

カラースクールIn-Living-Color主宰の三浦まゆみです。

 

8月1日は、ビジネスマッチング交流会ニーズマッチ・パーソナル支部を自由が丘のオフカフェさんで24名で開催しました!

 

 

毎月1回開催している異業種交流会を主催して、2年になります。

 

いろいろな職業の方とお会いでき、その場でお客様紹介コラボ企画が生まれるなかなか面白いシステムの交流会です。(本部があり、そこのシステムを使って交流会を開催しています。私が主催するパーソナル支部以外にも、全国に80支部ほどあって、会員になるとどこの支部にも参加できます)

 

今回の参加者さんの職業は、行政書士、マーケティングコンサルタント、カウンセラー、リフレクソロジーの先生、ランニングシューズのコンサルタント、イメージコンサルタント、パーソナルスタイリスト、カラーセラピスト、占星術の先生、婚活アドバイザー、作家・出版コンサルタント、タロットコーチングなどなど。

 

最初の名刺交換から、かなりにぎやかです~

 

 

ニーズマッチ交流会は、同業の方が一緒に参加してもOKなので、私が主催する支部はカラーリストさんの参加も多いです。

 

「同じ業種だとお客様の取り合いにならないの??」と、思われそうですが、カラーリストそれぞれに得意分野も違うし、お人柄も違うので、その人に合うお客様を選んで紹介できるので、意外に競合しないものです^^

 

とはいえ、そんな中でも「自分を選んでほしい!」という場合は、やはり紹介をしてもらいやすい人になることです。

 

この異業種交流会に所属して長いので、他の支部の主催さんとも話をするのですが、やはり紹介されやすい人になるコツの1つは、「〇〇と言えば、〇〇さん」と言われる人になることだよね、と皆さんおっしゃいます。

 

つまり、他の人の頭の中で記憶に残る人になることが大事ということです。「カラーリストさんいなかったかな?」と考えたときに、あなたのことを思い出してもらえなかったら、紹介も生まれませんものね!

 

 

そして、同じカラーリストさんの中で特化するには、やはりカラーの中でも特徴を出すこと。例えば…

 

婚活カラーと言えば〇〇さん」

 

男性専門のパーソナルカラーリストと言えば〇〇さん」

 

女性起業家専門のファッションカラーコーディネートと言えば〇〇さん」

 

数秘カラーと言えば〇〇さん」

 

といったように、です。

 

「対象者やサービスを絞ったらお客様が減るんじゃないの??」

 

と思われるかもしれませんが、「婚活もメンズも女性起業家もなんでもOK!」「数秘もTCカラーセラピーも色育もいろいろやってます!」とか言うと、「いろいろできてスゴイね」とは思われるかもしれませんが、それと同時に「カラーの何の人だっけ?他のカラーリストさんと何が違うんだろう?」と思われる確率も高くなります。

 

それに対して、「婚活カラーと言えば〇〇さん」という記憶が残っていれば、例えばその人が、交流会で婚活女子に会ったら「あ、婚活専門のカラーリストさんいるよ」とか、結婚相談所の人に会ったら「婚活専門のカラーリストさんいるので、コラボとかできるかもしれませんね」とか、話を持ちかけやすくなります。

 

現に、私もある保険業の方から、「婚活カラーセミナーをやりたい人がいるんだけど、カラーリストさんいない?」と言われて、In-Living-Colorの卒業生をご紹介したことがあります。ちょうどそのカラーリストさんが婚活を切り口にサービスをされていたからです^^

 

ね、得意分野を打ち出すと、紹介って生まれやすくなるんです♪

 

そして、その得意分野とは違う対象の人がカラーに興味を持った場合は、必ず「私、婚活女子ではないんですが、参加したらダメですか?」と聞いてきてくれます。そしたら、「婚活女子じゃなくてもOKですよ♪」と言えばいいだけです。

 

まずは記憶に残る人になること、これが大事です!

 

 

 

10月7日(土)10時~12時半に開催するカラーリスト勉強会では、三浦が2年間異業種交流会を主催した経験をもとに、【カラーリストが異業種交流会を徹底活用してお客様を増やす方法】をお話させていただきます。

 

「これから交流会デビューしたい!」「既に参加しているけれどイマイチお客様が増えていない!」という方に向けて、三浦の失敗談も含め、生きたノウハウをお伝えしますので、ご興味のある方は下記をご覧ください♪

 

【第25回カラーリスト勉強会】ご案内ページ

メルマガ登録

新着記事

よく読まれている記事