カラーの仕事をする方法・ビジネスに役立つ色の使い方

カラーリストが仕事を増やすには?人が集まるカラーセミナーをつくる方法

カラー起業支援

投稿日:2018年1月15日  更新日:

◆カラーリストが仕事を増やすには?人が集まるカラーセミナーをつくる方法

 

カラースクールIn-Living-Color主宰の三浦まゆみです。

 

1月10日、11日に、カラーリスト起業のノウハウがわかる【オンリーワンカラーリスト養成講座】を開催しました!この講座のテーマは、「あなたの強みを引き出し、企業やカルチャースクールから仕事の依頼が来るカラーリストになれる!」です。

 

 

 

兵庫県、大阪から参加される方もいらして、大きい荷物を抱えて「朝早く起きられるか心配で眠れませんでした!」という方も!本当に、そのパワーは素晴らしいと思います!私も今回も引き出し全開で対応させていただきました☆

 

「カラーの資格を取得したのでこれからカラーの仕事がしたい」「カラーの仕事は自分なりにしているけれど、もう少し売り上げにしっかりつながる仕事の仕方が知りたい」「所属している協会から仕事をもらっているけれど、自分でもカラーの仕事を開拓する方法を学びたい」という理由でのご参加でした。

 

最初はなんとなく自信がなく不安そうでしたが、講座が進むにつれ、「意外に私って強みがあるんですね、、知らなかった。」「自分が本当にやりたいカラーの仕事が見えてきました!」「今まで安いメニューにしか人が来なかったのは、こういう理由だったのですね。うわぁ~間違ってた!!」「なるほど!こうやって発信すればいいんだ!」などなど、たくさん気づきがあったようです。

 

カラーリスト起業のノウハウがわかる【オンリーワンカラーリスト養成講座】は、このようなカリキュラムです。

 

●お客様が引き寄せられる1分自己紹介

●4つの質問に答えるだけ!お客様に選ばれるオンリーワンの強み発掘

●選ばれるカラーリストになれるプロフィールのつくり方

●検索順位が上がるブログ記事の書き方

●人が集まるカラーセミナーづくりの秘訣

●知らないうちに応援される人、紹介される人になる方法

 

などなど、相当盛りだくさんでお伝えしましたが、しっかりと受け取ってくださったようです(^^)「先生、すごーい!目からウロコ!!」と、何度も言っていただき、調子に乗ってしゃべりすぎました(笑)

 

受講者が現役のカラーリストさんなのでお顔出しNGですが、写真で雰囲気は伝わりますでしょうか?

 

 

アシスタントとして、In-Living-Colorの卒業生の雅子先生にもアシスタントをしていただきました。雅子先生のかわいい和菓子の差し入れで、休憩時間も盛り上がりました☆雅子先生、ありがとうございました♪

 

 

今回は、そんなオンリーワンカラーリスト養成講座でもお伝えした、カラーリストが仕事を増やすための「人が集まるカラーセミナー」をつくる方法をご紹介していきますね。

 

◆人が集まるカラーセミナーづくりの秘訣とは?

 

私、4年前の起業当初のお話です。その頃は、セミナー参加者1名、コラボセミナー参加者1名、さすがに1名で開催するわけにはいかず、泣く泣くクローズ。というような大変困った状況でした(^^;)

 

今思えば、成功するやり方を知らなかっただけなのですが、当時はかなり悩みましたね。そこから、いろいろセミナーづくりについて学んだり、いろいろと試してみたりした結果、おかげさまで、今は20名以上の方にセミナーや交流会に
ご参加いただけるようになりました。

 

こちらは、先日開催した異業種交流会。26名にご参加いただきました。

 

 

こちらは、2017年12月に開催したカラーリストさんのためのカラークリスマスパーティー。25名にご参加いただきました。「クリスマスカラーパーティーの報告」記事もご覧ください。

 

 

最近よく、「なぜセミナーに人が集まっているんですか?」と聞かれることが多いのですが、あらためて振り返ってみると、やはりいくつかポイントがあるのです。私だけではなく、人が集まっているカラーリストさんの動きを見ているといくつか共通点があります。

 

その中でも一番大事なのは、「カラーセミナーのタイトル」です。セミナータイトルを見て、中身が想像できて興味を持てないとご案内文を読んでいただけないので、まずはここ!!

 

中身は変えずにセミナー名だけ変えただけでも、人が集まるセミナーになります♪

 

以前、カルチャースクールのカラーセミナー企画をしていたときもセミナータイトルをすごく工夫しました。あなたは見たことがありますか?新聞の折り込み広告に載るカルチャースクールの1講座の掲載スペースって本当に狭いんです。でも、ここに何を書くか?で問い合わせが来るか来ないか決まります。

 

あるカラーセミナーなどは、最初につけていたセミナータイトルでは、3人しか集まらなかったのに、セミナータイトルを変えただけで、10名満席になりましたからね。私もこれにはビックリでした!忘れもしない、横浜の大学の生涯学習センターの講座でした。セミナータイトルの効果、恐るべし!(笑)

 

では、人が集まるカラーセミナーにするために、どんなセミナータイトルにしたらいいのでしょうか?

 

それは、

 

*どんなお客様向けで

*どんなビフォーアフターになれるのか?

 

を、しっかり盛り込むことです。

 

ちょっとカラーとは違う業種で考えてみましょう。違う業種の方が客観的に見ることができるのでピンときやすいです。

 

例えば、お料理教室なら。

 

春までに無理せずスリムになりたい女性のための「1ヶ月で3kg痩せられる簡単15分お料理レシピがわかるセミナー」

 

いかがでしょう?

 

う~ん、お正月太りした私は、こんなセミナーがあったら即行きたい!(笑)

 

 

例えば、英語の教室なら

 

ワンランク上の仕事を任されたいビジネスマンのための「会社帰りに週1日3ヶ月で自信を持って英語でプレゼンできる方法がわかるセミナー」

 

といった感じです。

 

 

セミナータイトルは長くても構いません。短くしようとして、内容がよくわからないセミナータイトルにするよりは、長くてもきちんと内容が伝わるものにした方がお客様が興味を持ってくださいます(^^)

 

カラーリストが仕事を増やすための「人が集まるカラーセミナー」をつくる方法の一番のポイントは、セミナータイトルの付け方です。

 

これは、セミナーに限らず、パーソナルカラー診断のメニュー名でも、カラーセラピーセッションのメニュー名でも同じです。あなたのサービスメニューのタイトルも、もう一度見直してみてくださいね!

 

「カラーセミナーや交流会に人があつまる3つのポイント」の記事も参考にしてください☆

 

 

あなたの強みを活かしたオンリーワンのカラーセミナーづくりの秘訣もわかる!【オンリーワンカラーリスト養成講座】のご案内はこちら↓↓↓

 

 

新着記事

よく読まれている記事