fbpx

パーソナルカラー診断のリピーターを生むには?

2020年05月08日    更新日:

◆パーソナルカラー診断のリピーターを生むには?

カラーコンサルタントの三浦まゆみです。

In-Living-Colorでは、【3分で読めてすぐ使える!パーソナルカラーのプロになる秘訣】というメールマガジンを発行しています。

先日、5月5日に配信した内容ですが、カラーリストさんからの反響が多かったので、加筆修正してブログにも転載させていただきますね。(メルマガの内容が気になっていた方もどうぞ♪)

パーソナルカラー診断のリピーターを生むには?

【1】パーソナルカラー診断のお客様の「〇〇」がリピーターを生むヒント

【2】なぜ「配色」を取り上げたのか?

【3】似合う配色レッスンの新サービスの企画方法とは?

【4】まとめ

【1】パーソナルカラー診断のお客様の「〇〇」がリピーターを生むヒント

パーソナルカラー診断のリピーターを生む1つの方法は、 【パーソナルカラー診断を受けたお客様が次にほしいサービス】 を生み出すというものです。

あなたがもしカラーリストなら、「パーソナルカラー診断にいらしたお客様がどんな質問をするか?」を、ぜひ振り返ってみてほしいのです。そう、その「質問」が新しいサービスのヒントになります☆

例えば、私の場合、 パーソナルカラー診断のお客様から 聞かれる質問の【ベスト3】はこれです!

第1位 似合うメイク

◆第2位 似合う配色(カラーコーディーネート)

第3位 色彩心理

今回は、この中から ◆第2位の【似合う配色(カラーコーディネート)】について、リピーターを生む新サービスのヒントを、シェアさせていただきます。

【2】なぜ「配色」を取り上げたのか?

なぜ「配色」を取り上げたかというと?この2つの理由からです。

1つめは、「洋服は万人に対応できる」から。メイクはそもそもあまりしないという方もいますが洋服は着ない人はいません!(笑)ですので、それだけ必要度が高いということです^^

2つめの理由は、新コロナウィルスの流行で外出自粛の今、「配色ならオンラインでもレッスンできる」からです。

今は、対面のパーソナルカラー診断が難しいので、オンラインでできるサービスを考えるのにもよい機会ですよね。もちろん、コロナウィルスの流行が収束したら、リアルで配色レッスンをしてもOKです。

「パーソナルカラーがわかった!」 とはいえ、毎日、全身を1色だけ着るわけではないので やっぱり色の組み合わせは知りたいと思いますよね!

「私はサマーだから、サマーの色だけで配色した方がいいですか?」 「赤って着たことないんですけど、どうやって組み合わせたらいいですか?」 「この色ならボトムは何色がいいですか?」 という配色の質問はとても多いです。

しかも、「サマーってどんな感じの配色がいいですか?」 というざっくりした感じよりは 「この色にはどう合わせたらいいですか?」 といった、具体的な質問が多いですね。それだけ悩んでいるということです。

パーソナルカラー診断のときにも 配色のアドバイスはされていると思いますが 、 やはり一度聞いて吸収できる場合と 「家に帰ったらわからなくなっちゃった(-_-;)」という場合もあるはずなので、 また後日、【配色レッスン】をする意味は、かなりあると思います!

そんな諸々の理由から、今回は「配色」を取り上げました☆

【3】似合う配色レッスンの新サービスの企画方法とは?

配色の新サービスを考えるときには、 漠然と【配色レッスン】と打ち出すよりも こんな感じで、特徴を出すと魅力的なサービスだと感じてもらえます。

三浦はカラー業界で20年以上、カラーコーディネートレッスンも企画してきているので、今まで、お客様が一気に集まった企画と、ほぼ反応がなかった企画と、両方見てきています。そんな経験を踏まえてのコツをご紹介しましょう。

◆例えば、 「初心者用・上級者用で分ける 」という特徴の出し方もあります。

例えば、初心者用として【毎朝の洋服選びにもう迷いたくない方のための【パーソナルカラータイプ別・基本のカラーコーデレッスン】 とか。

例えば、上級者用として【 あなたのオシャレ度がさらにアップする!プロ並みの配色テクが身に付く・パーソナルカラー上級コーデレッスン】とか。

◆あるいは、「T.P.Oで分ける」という特徴の出し方もあります。

例えば、季節に合わせて、【この夏は新しい色にTRY!あなたらしく流行色を着こなすパーソナルカラー別・配色レッスン】とか。

例えば、 オフィスシーンで、【あなたに仕事を頼みたい!と思わせる好印象オフィスコーデの配色ルール】とか。

いくらでもテーマはつくれますね!

テーマを具体的にすればするほど、お客様の頭の中で 「自分に必要なものかどうか?」 が、具体的にシミレーションできるようになります。

「これ、自分に必要!!」 と思わないと知りたくはなりませんから。 お客様にとってわかりやすいようにどんどん具体化して打ち出していくこと。これがとっても大事です。

ぜひ、あなたが思いつく限り、まずはノートに書き出してみてください。その上で、お客様の顔を思い浮かべながら 「このテーマなら〇〇さんが興味を持ってくれそうかなぁ」 と想像してみると、 いいアイデアが生まれてくるはず。

5分でいいから時間を取ってやってみてくださいね!

【4】まとめ

今回は、【パーソナルカラー診断のリピーターを生むには?】 というテーマでした。

お客様ニーズもあるし、 今取り組んでほしい! ということで、今回は「配色」を取り上げました。

とはいえ、「そうは言っても配色ってどうやって教えたらいいかわからない(-_-;)」 という方のために。

In-Living-Colorでは、パーソナルカラーリストが【配色を理論的に楽しく教えられるスキルを身に付けられる】ような 新しい講座も企画中です (オンラインで学べる内容です) 。

In-Living-Colorのパートナー講師としておなじみの谷口明美先生とのコラボです☆ 詳細が決まったらご案内しますので、こちらもお楽しみにしてください♪

◆こちらがパートナー講師の明美先生です。もう10年近くお仕事をご一緒させていただいています。根っからの理論派なので、難しい色彩学を超わかりやすく教えてくれます^^(In-Living-Colorの講師紹介ページ

◆関連記事

「あなたのパーソナルカラー診断が受けたい!」というお客様を見つける方法

パーソナルカラーの仕事を2倍にする秘訣

ページトップへ