fbpx

「あなたのパーソナルカラー診断が受けたい!」というお客様を見つける方法

2020年04月18日    更新日:

◆「あなたのパーソナルカラー診断が受けたい!」というお客様を見つける方法

カラーコンサルタントの三浦まゆみです。

これからパーソナルカラーを仕事にしたい方、もっとお客様を増やしたいパーソナルカラーリストの方向けのノウハウです。

私は20年以上、カラーリストとして活動しているので、「カラーを仕事にしたい」という方の開業支援もしています。 カラーリストさんに仕事の開拓の仕方を教えているということです。

カラーリストさんのお悩みの中で多いのは、「色は好き。だけど営業の仕方がわかりません!」 「開業してもお客様が集まるか不安です…」 ということ。

その気持ち、よくよくわかります。

私も以前勤めていたカラーの専門会社を辞めて、独立したときには、やはり会社という看板がないので、「どうやって営業しようか…」とかなり悩みながら試行錯誤しました。

今回は、そんな開業したてのカラーリストさんのお悩みを解消する方法をご紹介していきます。

こっちが全く営業していないのに、お客様の方から「あなたのパーソナルカラー診断が受けたい!」と言ってもらえたら、こんなに嬉しいことはないと思いませんか?

その方法をお伝えしていきますね。

「あなたのパーソナルカラー診断が受けたい!」というお客様を見つける方法  

【1】お客様は「似合う色」が知りたいわけではないってホント?

【2】パーソナルカラー診断のお客様が見つかるたった1つの質問

【3】「パーソナルカラー診断を受けたい!」と言ってもらうためには?

【4】まとめ

【1】お客様は「似合う色」が知りたいわけではないってホント?

パーソナルカラー診断をしに来るお客様は、本当は「似合う色」が知りたいわけではありません。と言ったら、信じますか?

いや、嘘ではなく、お客様は「似合う色」が知りたいわけではありません。

表面的には、「似合う色が知りたい」というニーズがあるのですが、その奥を深堀りすると、「本当のニーズ」が隠れているのが見えてきます。

例えば、「似合う色を知って➡若返りたい」「似合う色を知って➡もっとセンス良く洋服を着こなしたい」「似合う色を知って➡キレイになって彼氏がほしい」といった感じです。

カラーリストのあなたも、一番最初は、「もっとキレイになりたい!」と思ってパーソナルカラー診断を受けたのではないでしょうか?

そう、お客様は「似合う色」を知ることで、自分が抱えているお悩みの解決がしたいと思っているのです。

つまり、そのお客様のお悩みを見つけて、「私がやっているパーソナルカラー診断を受けると解決できますよ!」と伝えられれば、お客様の方から「診断、受けたいです!」と言ってもらえるというわけ。

お客様は自分の悩みをよくわかってくれて、解決してくれる人に仕事をお願いしたいと思っているのです。

【2】パーソナルカラー診断のお客様が見つかるたった1つの質問

「そんなこと言われても、お客様のお悩みってどう探したらいいんだろう?」

「お悩みっていろいろ想像できちゃって、全部伝えたらキリがないかも…」

そんなふうに思われる方も多いかもしれませんね!

でも、大丈夫です。あなたのパーソナルカラー診断のお客様を見つけるためには、このたった1つの質問に答えていただければOKです。

その質問とは、「あなたの身近にいる人はどんな人ですか?」です。

ちょっとこんな話をさせてください。以前、私があるセミナーに参加したときの話です。

もう今から6年くらい前、カラーセラピーのセミナーに参加したことがあって、セミナー終了後にランチ懇親会があったんですね。

そのセミナーの参加者さんは、私以外はOLさんでした。当時、私はもうカラーリストとしてフリーランスで活動していたので、OLさんと仕事以外でご一緒するのは久しぶり。

そこで、OLさんのランチの話題を聞いていて、「あっ!」と思ったんです。

OLさんのランチの話題って「上司の噂話」なんですね。「困った上司がいて大変で!」「わかる!うちもそんな感じです!」という会話が飛び交い…

私としては、超新鮮でした。なにしろ、普段、まわりにはフリーランスの女性しかいなかったので、「そうか、OLさんってこういう話題なんだ。こういうことで悩んでいるんだ…」って、あらためて気づかされました。

まあでも、私も昔、会社に勤めていたときは、確かに休憩時間に上司の噂話をしていました。今は上司がいないからしないだけで、当時はけっこうしていましたね(笑)すっかり忘れていましたが。

つまり、何が言いたいかというと、「今、あなたの身近にいる人のお悩みが一番見つけやすい」ということです。

お客様のお悩みがわかれば、それをパーソナルカラー診断で解決できるとお伝えすることは簡単なはず。

こういう理由で、あなたのパーソナルカラー診断のお客様を見つけるたった1つの質問とは 「あなたの身近にいる人はどんな人ですか?」 なのです。

ぜひ、3分間でいいので、紙に身近にいる人を書き出してみてください。どんな人が多くて、どんなお悩みを持っていそうですか?

まずは自己分析から始めていきましょう!

【3】「パーソナルカラー診断を受けたい!」と言ってもらうためには?

身近にいる人がどんな人かはわかってきました!お悩みも見えてきました!」

という方に、次にしてほしいことは、こちらです。

そのお悩みを、パーソナルカラーでどう解消できるのか?言葉にしてほしいのです。

例えば、身近にいる人にOLさんが多いのであれば、「 毎日、朝の出勤時に洋服選びで迷わなくなりますよ。 そこが時短できたら、出勤前にゆっくりお茶する時間ができちゃいます^^ 」とか。

例えば、50代の女性が多いのであれば、「 間違いなく似合う色で10歳若返って見えます。 高い美容液よりも洋服を着替えるだけ、口紅の色を変えるだけなので、即効性バツグンです☆」とか。

こんな感じで、そのお客様ならではのお悩みフォーカスして、アプローチしてみてください。

もう一度書きますが、 お客様は自分の悩みをよくわかってくれて、解決してくれる人に仕事をお願いしたいと思っているのです。

つまり、あなたがそのお客様の悩みを見つけられてその解消法を伝えられれば、 お客様の方から「あなたのパーソナルカラー診断が受けたい!!」と言ってもらえるということです^^

【4】まとめ

今回は、 「あなたのパーソナルカラー診断が受けたい!」というお客様を見つける方法 をご紹介しました。

まずは、お客様は「似合う色が知りたい」と言ったとしても、その奥にある本当の「ニーズ=お悩み」を深堀りすることが大事だということ。

そして、あなたの一番身近にいる人、つまり、あなたがその人のお悩みを見つけやすい人が、あなたのパーソナルカラー診断のお客様です。

そのお客様のお悩みを「こんなふうにパーソナルカラー診断で解決できます!」とピンポイントで言えたら、お客様の心にグッと響くと思いませんか?

パーソナルカラーの開業初期は特に、遠くの知らないお客様層よりも、身近なよく知っているお客様層からアプローチすることが大切です。

身近なお客様から始めて実績自信をしっかりつくってから、次の新しいお客様層につなげていってください。これがパーソナルカラーの仕事がうまくいく基本の法則です。

◆関連記事

パーソナルカラーの仕事を2倍にする秘訣

パーソナルカラー診断のリピーターを生むには?

ページトップへ