カラーの仕事をする方法・ビジネスに役立つ色の使い方

【塗装カラープロ養成講座】を開催!成約率&お客様の満足度が上がる塗装カラーコーディネートの秘訣とは?

◆【塗装カラープロ養成講座】を開催!成約率&お客様の満足度が上がる塗装カラーコーディネートの秘訣とは?

 

カラースクールIn-Living-Color主宰の三浦まゆみです。

 

9月12日、13日に静岡のあんしんりふぉーむ様からのご依頼で、【塗装カラープロ養成講座】を開催しました!

 

「3分でセンスがいい塗装カラーコーディネートを提案するには?」というテーマで、塗装のプロの皆さまにカラーコーディネートの秘訣をお話させていただきました(^^)

 

 

受講される前は、こんなお悩みやご要望がありました!

 

「お客様から、この色にしてほしい」と言われたときに、そのまま1色で塗ってしまうことが多いので、もう少し色を組み合わせて変化を出したい。

 

どうしても無難な色になりがちなので、もう少し「他とは違う、パッと見てセンスがいい!」と思ってもらえる配色にしたい。

 

お客様が選んだ色が、派手すぎたり、周りの家と調和しにくい、と思ったときに、うまくその理由を説明できるようにしたい。

 

お客様が微妙な色の差で迷ったり、家族で意見が分かれて迷ったりして、色を選ぶのに時間がかかってしまうので、もっとスムーズに色を選んでもらえるようにしたい。

 

「塗り替えをするのにかかる費用は高額だし、しかも10年、20年とそのままなので、色で失敗できないしお客様に満足していただくことが一番大事なんです」と、いうことで、お客様に対して真剣にカラー提案を考えられている姿がとても素敵だな!と思いました(*^^*)

 

そんな想いにお応えするための、塗装カラープロ養成講座の「メインカリキュラム」はこちら!

 

❶満足度の高いカラー提案のためにお客様に最初に聞くべき5つの質問

❷3分で理想の色が選べる!「塗装カラーイメージ5パターン」

❸調和する色が即見つかる!「センスのいいカラーコーディネートのルール」

 

この3つの内容を、色彩の基礎知識としては欠かせない、色彩検定3級・2級の内容を交えてしっかり習得していただく2日間となりました☆

 

 

この中で、一番お伝えしたかった塗装カラーのポイントは、これです。

 

成約率&お客様の満足度が上がる【塗装のカラーコーディネートの最大の秘訣】とは?

 

それは、いきなり「塗装カラー1色を決めてはいけない」ということです。

 

外壁や屋根の色を選び慣れていない一般の方が、いきなり「この色!」と決めるのは、なかなか難しいものです。洋服やインテリアとは違うので、「実際に大きい面積で壁に塗ったらどんな感じになるのか?」の想像がつきにくいからです。

 

ですので、まずは、「どんな雰囲気の住宅にしたいのか?」「どんな色を使いたいのか?」など、様々な角度から質問をして、お客様の理想の「イメージ」をきちんと具体化させてあげることが大事です。

 

イメージというのは、明るい感じ、かっこいい感じ、ナチュラルな感じ、モダンな感じなどの見た目の印象のことです。あまり複雑に考えると難しくなってしまうので、ざっくりでOK!

 

 

そして、「こんなイメージにしましょう!」としっかりお客様と方向性をすり合わせた後で。

 

その理想のイメージをまさに表現している配色を、何パターンか提案するといいです(^^)

 

既に、「こんなイメージにしたい!」ということが決まっている中で色を選ぶので、そんなに突拍子もない色を選ぶことはありえないので、安心してお客様に選んでいただけます。

 

さらに、そのイメージ別の配色も、あらかじめパターンをつくっておけば、その場で急いで考えて提案しなくてよいので、塗装のプロとして落ち着いて提案できますよね?

 

そんなことで、【塗装カラープロ養成講座】の後半は、あんしんりふぉーむ様がいつも使っていらっしゃる塗装見本をバラバラにして、イメージ別に分類し、オリジナルのカラーパレットを作成しました☆

 

これを使えば、カラー提案が今までよりも簡単に、速く、そしてカラーバリエーションを広げてご提案できるはずです(^^)/

 

 

講座の最初の方は、「うー、、なんか難しそうだな(ー ー;)」とおっしゃっていた男性社員の方も、途中から「んー、なるほど、面白いねぇ。色彩検定3級受けようかなー。うん、受けよう!」と、乗り気になってくださり、2日目はちょっぴり検定対策モードになり色相環の覚え方までお伝えしました♪

 

こんな【感想】をいただきました!

 

一番はお客様のニーズに合った提案をするには細かな聞き込みが大事ということ。好きだけを聞くのではなく反対の嫌いをしっかり聞き込みすることも大事なんだとわかりました。

 

色相、色調、なんとなくわかりましたが、後は回数を重ねていくことが大事と思いました。

 

また実践の回数を重ねていくことは自分自身のカラーバリエーションも増やせると思うので講座も楽しかったですが、これから色遊びがもっともっと楽しくなると思いワクワクします。

 

色相環、カラーマトリックス、トーンマップ、早々に完成させます!

 

 

講座に参加する前は、屋根と外壁の配色に困っていました。色同士の相性について学びたいと思いました。

 

講座を受講して、色同士によって合う合わないという理由がよくわからなかったが、なぜ合うのかが大変よく理解することができました。これからはお客様にある程度論理的に提案できそうです。(小林弘始さま)

 

なんとなくの感じだけで決めていたので、論理的な説明ができそうです。ルールやトーンマップを知ることで、説明するときに使えると思いました。

 

お客様の考えを絞り込む質問は多少していましたが、決め手となる色の特徴、見え方、相性のことなど、こうすればOKみたいなものがわかったのでよかったです。(飯島伸之さま)

 

2日間の凝縮講座でしたが、現場で即使えるカラーの知識だけ、ギュッと詰め込んでレクチャーさせていただきました!ぜひ、実践しながら、カラーコーディネートのコツをご自身のものにしていっていただけたらと思います☆

 

 

今回の【塗装カラープロ養成講座】で、一般住宅の塗装の色だけをクローズアップして塗装のプロに色を教える経験は、私にとっても、すごくたくさんの気づきがありました。非常に勉強になり、そして、専門分野に合わせてカスタマイズしたカラーコーディネートを考えるのはとっても楽しかったです♪

 

この講座をきっかけに、さらにセンスのいい素敵な色の住宅が増えたら嬉しいなー!と思います。わざわざ静岡から研修にいらしてくださってありがとうございました!色彩検定の合格を心より応援しております\(^o^)/

 

関連記事

住宅の塗り替えに役立つ「塗装のカラーコーディネート」の秘訣セミナー開催報告

◇耳鼻咽喉科クリニックのインテリアカラーコーディネート提案の報告

◇カラー戦略で売る!「本の表紙のカラーコーディネート」事例報告

 

塗装カラー、インテリアカラーコーディネートの講座やコンサルティングをご希望の方は、下記からお問い合わせください。折り返し、In-Living-Color事務局よりご連絡させていただきます。

 

 

新着記事

よく読まれている記事