カラーの仕事をする方法・ビジネスに役立つ色の使い方

ブルーベースでも着こなせる!パーソナルカラーに合わせた黄色コーデの秘訣

パーソナルカラー完全ガイド

投稿日:2018年4月30日  更新日:

◆ブルーベースでも着こなせる!パーソナルカラーに合わせた黄色コーデの秘訣(4月30日更新)

 

カラースクールIn-Living-Color主宰の三浦まゆみです。

 

先日、4月17日に、第一印象でモテる!&仕事の依頼が来る人になる!【パーソナルカラー入門セミナー】を開催しました!2時間半のグループレッスンで、パーソナルカラーを診断する講座です(^^)

 

 

おひとりずつドレープ(似合う色診断用のカラフルな布)をあてて、似合う色を見つけていきますが、参加者さんが「普段、あまり着ないです。着たことがないです。」と言われる色の1つが「黄色」です。

 

確かに、同じ色ものでも、ブルー系やピンク系に比べたら手に取らない色かもしれません。ですが、黄色にはとても役立つ色の効果があります。

 

今回は、そんな「黄色のパーソナルカラーに合わせたコーディネートの秘訣」をご紹介していきますね。このような内容です!

 

パーソナルカラーの基本が知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

これだけは知っておきたい!パーソナルカラー(似合う色)の基本

パーソナルカラータイプ別「色の特徴、肌・髪・眼の特徴、タレント」のまとめ

 

ブルーベースでも着こなせる!パーソナルカラーに合わせた黄色コーデの秘訣

 

【1】着たら即〇〇になれる!黄色のお役立ち効果とは?

【2】パーソナルカラーに合わせた黄色コーデの秘訣

   ❶スプリングにはポッピングイエロー!

   ❷サマーにはセンシティブイエロー!

   ❸オータムにはリッチイエロー!

   ❹ウインターにはスパークリングイエロー!

【3】サマータイプ必読!意外に失敗しやすい黄色はコレ!!

【4】まとめ

 

ブルーベースでも着こなせる!パーソナルカラーに合わせた黄色コーデの秘訣

 

【1】着たら即〇〇になれる!黄色のお役立ち効果とは?

 

黄色のお役立ち効果、「即〇〇になれる!」とは何かというと?

 

それは、着れば即「主役」になれる色ということ。みんなの注目を集めやすい色。それが黄色です(^^)

 

その理由ですが、実は人間の眼のしくみとして、そもそも黄色に対する感度が高いのです。なので、黄色を着るだけで
勝手にみんなが注目してくれます。目立ちたいときには、ぜひ黄色を着てみてくださいね♪

 

 

ちなみに、これは昼間の明るいところでのお話。夜、ちょっと薄暗くなると黄色ではなく青が目立ちます!

 

これも眼のしくみの関係です。色彩検定2級で学ぶ「プルキンエ現象」と言います。人間の眼の感度が、明るいところでは黄色に対して高く、薄暗くなってくると寒色系、つまり青の方に感度が高くなるという特性を持っているのです。

 

それを、チェコスロバキアの医師、プルキンエさんが見つけたので「プルキンエ現象」と言います。ですので、主役になりたいあなたは、昼間なら黄色、夜のお出かけだったら青を選んでください♪

 

では、そんな昼間の注目色、黄色のパーソナルカラー別コーディネートをご紹介しましょう。やはりせっかくのお役立ち効果も似合わない色だと、かえって印象ダウンに(^_^;) せっかくなら似合う黄色を見つけて印象アップしていただきたいです!

 

【2】パーソナルカラーに合わせた黄色コーデの秘訣

 

❶スプリングにはポッピングイエロー!

 

スプリングに似合うのは、春に咲く桜草(プリムラ)のような、暖かみのある弾けるような鮮やかな黄色。暖かみがある黄色というのは、オレンジっぽい黄色のことです。

 

 

イエローベースのスプリングは黄色が得意!「黄色とベージュ」「黄色とキャメル」のような同系色コーデだと、黄色の明るさが引き立ち、かつ品よくまとまります。

 

 

また、スプリングはメリハリ配色も得意なので「黄色とスカイブルー」「黄色とパンジーパープル」のような反対色コーデも素敵!お互いがお互いの色を引き立て合って、よりポップで華やかなイメージになります。

 

スプリングのキラキラした明るく輝く個性を活かすには、反対色コーデがお勧めです!黄色が入ったカラフルな多色配色も素敵です☆

 

 

 

❷サマーにはセンシティブイエロー!

 

サマーに似合うのはレモンシャーベットのような、明るく爽やかなシャーベットイエロー。

 

ブルーベースのサマーは、黄色はあまり得意ではありません。鮮やかな黄色は顔に反射しやすいので繊細な感じの淡い黄色がオススメです!

 

 

「黄色とオフホワイト」「黄色とベビーブルー」などで、爽やかさを追求しても素敵です。

 

 

また、「黄色と明るいグレー」「黄色とピンクベージュ」で、優しくまとめてもサマーのエレガントさが際立ちます。

 

サマータイプの柔らかく優しい個性を活かすなら、黄色の濃淡のグラデーション配色のアイテムを選ぶとよいですね。柔らかい素材のシフォンストールなどもお勧めアイテムです。

 

 

 

❸オータムにはリッチイエロー!

 

オータムに似合うのは、こっくりと深いマスタードのような黄色。深みのある濃い黄色がハマります。

 

 

ただ、オータムの方からよくお悩み相談を受けるのがこれ。「春夏に濃い色って重くなるのでコーディネートが難しいです。。」

 

確かに、色が濃いと重く暑苦しい印象になりやすいので、春夏は工夫が必要ですね!

 

オータムの黄色を春らしく明るく着こなすなら、バニラホワイトのブラウスにマスタードのスカートを。明るい色の面積を大きくして軽やかさを演出するとGOODです♪

 

あるいは、ベージュ地に黄色やブラウンの模様がはいったワンピースを。ベースカラーが明るいだけで春らしくなりますね!

 

 

 

❹ウインターにはスパークリングイエロー!

 

スパークリングって、「光彩を放つ、生き生きとする」という意味。ビビッドであでやかなちょっぴり緑みのスッキリしたレモンの黄色これがウインターが似合う黄色です☆

 

 

ウインターは、コーディネートもコントラスト感がある方が個性が際立ちます。

 

「黄色とネイビー」「黄色とブラック」で、シャープでかっこいいイメージを演出!他のタイプの人が着るとインパクトが強すぎる配色も、ウインターの艶やかな黒髪、目力のある強い瞳なら負けません。

 

 

ただ、春夏の時期でネイビーやブラックが重すぎると感じるときには、今年の春、よく出ているレースのタイトスカートなら透け感で色の重さを緩和できます。

 

あるいは、サブリナパンツでスリムシルエットにしてもGOOD!濃い色でも面積を小さくしたり、デザインでスッキリ感を出せると軽やかに演出できますね!

 

 

【3】サマータイプ必読!意外に失敗しやすい黄色はコレ!!

 

さて、ここで1つ、サマータイプが黄色を選ぶときの注意ポイントをご紹介します。「サマーに意外に似合わない失敗しやすい黄色」ってご存知ですか?

 

私はサマータイプなのですが、実は私自身がこの黄色選びで失敗したのです(^_^;)

 

昔の私は、割と直感で洋服を買っていました。鏡で合わせずに色だけ見て「これは似合うはず!」と、試着せず即買いすることも多かったんです。せっかちな性格がバレますね(笑)

 

ですが、この「試着なし」で失敗したのが、「クリーム色」。

 

そんなに黄みが強くないほぼ白に近いクリーム色だったので、これならブルーベースのサマーでも明るい色だし似合うだろう、と買って着てみたら…クリーム色って意外にダメなんです。

 

「あごのあたりが黄ばんで見える」「なんとなくもたついて見える」「スッキリしなくてあか抜けない印象になる」という三重苦(泣)しかもタートルネックだったのでアレンジするのも難しく…あきらめて着るのをやめました。これだったらむしろ、パステルカラーの黄色の方が似合いました。

 

サマーの皆さん、「白代わりにクリーム色でもいいかな」と思ったときには、ぜひ顔映りを鏡で確認してから買うようにしてください。黄みが入っている白って、思ったよりも顔色が黄色く見えるので要注意です!

 

 

【4】まとめ

 

今回は、「ブルーベースでも着こなせる!パーソナルカラーに合わせた黄色コーデの秘訣」というテーマでした。

 

黄色は特に昼間、注目を集める「主役になれる色」です。これは人間の眼のしくみ的に、昼間に黄色に感度が高いので、つい目が行ってしまう、という理由です。

 

そして、パーソナルカラーに合わせた黄色のコーディネートとして。

 

スプリングは弾けるような元気な黄色を!反対色でお互いの色を際立たせ、華やかに着こなすのもお勧めです。

 

サマーは涼やかなで繊細な黄色を。優しく品のいいイメージのコーディネートが魅力アップの秘訣です。

 

オータムは、こっくりとしたリッチな黄色を。重たくなり過ぎる場合は、バニラホワイトやベージュのような明るい色と組み合わせて。

 

ウインターは、キラリと輝くスッキリした黄色を。ダークカラーとのメリハリコーデでシャープにかっこよく決めると個性が引き立ちます。

 

一口に黄色と言っても実際には、いろいろな黄色があります。せっかくならあなたに似合う色とあなたに似合うカラーコーディネートで、外見からも魅力を100%伝えてほしいです。

 

そういう意味でも「あの人ってセンスいいよね!」と、注目を集めて主役になれるパーソナルカラーを大活用してくださいね♪

 

今回の【パーソナルカラー入門セミナー】では、こんな感想をいただきました!

 

 

HPを拝見して参加しました。セミナーを受講して、似合う色に迷ったときに決め手になるもの(何を基準に判断したらよいか)が理解できたことが印象に残りました。

 

自分の中の思い込みに気づけたこと。「色の食わず嫌い」は損だと実感できたことがよかったです!(30代女性 主婦 C.I様)

 

好きな色と似合う色の使い方が知りたくて参加しました。以前、他のところでサマーと診断を受けましたが何かしっくりこなくてもう一度学びに来ました。

 

ベースの色をもとに、一番似合うシーズン、二番目に似合うシーズンをうまく取り入れればよいことがわかりました。ゆっくりお話でき、他の方といろいろと意見交換ができ、先生からアドバイスもいただけたので勉強になりました。

 

また、他の方の診断を見ることで似合うカラーがよくわかりました。(40代女性 自営業 M.H様)

 

◇写真は手のひらの色を比べているところです!人によって、黄みかピンクみか、赤みが強いか弱いかなど違います。この違いがパーソナルカラーの違いです。

 

 

パーソナルカラー診断をした結果、思ってもみない色が似合うと発覚した方も!「え~~!!こんな色が似合うなんてビックリ!!」と言いながらも、鏡の中に映るご自身の顔をまじまじと見て「本当に似合いますね。いいですね。すご~い!!」と感動されている様子が印象的でした(^^)

 

◇パーソナルカラー入門セミナーには、「プチカラーセラピー」も付いています。あなたの気になる色から深層心理を探ります(^_-)-☆

 

 

セミナーの間中、笑顔いっぱい、おしゃべりたくさんで盛り上がりました!女性はやっぱり色もオシャレも大好きですね☆今後も似合う色で、ご自身の魅力をグングン引き出し続けていただきたいです☆

 

関連記事

パーソナルカラータイプ別・婚活にも若返りにも効く「似合うピンク」の色選びのコツ

あなたのキレイを引き出す!パーソナルカラータイプ別・似合うメイクの色選びの秘訣

パーソナルカラー「オータム・ウインター」がパステルカラーを着こなす方法

 

 

ブログには書いていない!「パーソナルカラー診断の秘訣」メルマガでお届けしています。ご興味ある方は、読んでみてくださいね!

メルマガの詳しい内容を知りたい方はこちら

 

 

新着記事

よく読まれている記事